海のモータースポーツについて!

ブルーリボン賞

blueribon480.jpg

現在より早く荷物を運びたい場合は飛行機による空輸を選ぶ事が一般的ですが、昔は船舶による運搬が一番早く荷物を届ける方法として利用されていました。そのころそうした船舶の速度に応じて表彰していた時期があり、ある種のモータースポーツの一つのように扱われていたころがあったそうです。その賞の名前がブルーリボン賞で、ブルーリボン賞といえば今では映画や鉄道に関する賞のほうがメジャーですが昔は大西洋を催促で横断した船舶に与えられる賞として知られていました。


船舶のブルーリボン賞は1830年代に船舶の広報のために複数の運行会社によって造られ、大西洋の西回りと東回りの航路に分かれてどれだけの速度で大西洋を横断する事が出来るかどうかで競われました。そのころは蒸気船が使われており、エンジンの性能が向上するに渡り記録はどんどん更新されていったことから1930年代にはスピードの時代と呼ばれる時代に突入し、運行会社の広報のためだった賞は国家の蒸気エンジンの性能を競う場になっていったといいます。その後は空輸の開拓や船舶のエンジンの代替わりなどもあって記録更新は1998年を最後に行われなくなり、今ではあまり知られない賞になってしまいました。